/

BASE、海外向け公募で118億円を調達 広告費などに充当

電子商取引(EC)のプラットホームを手掛けるBASE(マザーズ、4477)は24日、海外投資家向けの公募増資で約118億円を調達すると発表した。広告宣伝費や人件費、採用費、運転資金などに充当する。

欧州やアジアを中心とする海外市場(米国やカナダを除く)向けに120万株を新規に発行する。9月24日か25日に新株の発行価格を決める。大和証券とみずほ証券が共同主幹事を務め、払込期日は10月9日の予定。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン