/

三菱Uリースと日立キャピ、21年4月に合併 日立キャピ株は上場廃止に

三菱UFJリース(8593)と日立キャピタル(8586)は24日、合併を通じた経営統合を決めたと発表した。両社の事業に重複が少なく補完関係にあるとの認識のうえで、大きな環境変化にいち早く適応し、先進的なアセットビジネス領域を開拓するためには、合併を通じた経営統合が最適と判断した。経営統合の効力発生日は2021年4月1日を予定している。

日立キャピの株式は21年3月30日付で上場廃止となる見込み。日立キャピの普通株式1株に対し、三菱Uリースの株式5.10株を割り当てる。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン