10/26 19:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,494.34 -22.25
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,480 -10

[PR]

業績ニュース

郵船の4~9月期、純利益62%増に上方修正 市況堅調、中間配20円

2020/9/24 12:44
保存
共有
印刷
その他

日本郵船(9101)は24日、2020年4~9月期の連結業績予想の上方修正を発表した。純利益は前年同期比62%増の180億円と、8月発表時点の予想(15%減の95億円)から増益に転じる。定期船事業は想定以上の積み高による需給改善でスポット運賃が堅調なほか、共同出資のコンテナ船会社の収支も想定を上回るなど、足元の堅調な業績を反映した。

売上高は13%減の7200億円(従来は14%減の7060億円)、営業利益は5%減の150億円(従来はトントン)と従来予想から上方修正した。航空運送事業、物流事業も堅調に推移している。ドライバルク輸送部門では返船などで見込まれる費用約180億円を4~9月期に特別損失として計上したが、主力事業の好調が補い最終増益となる。

あわせて、中間配当を20円実施すると発表した。従来は中間が無配、期末が20円配で年間20円配の予想だったが、中間配当の実施に踏み切るとともに、期末配当は見直すとしている。

通期(2021年3月期)の業績予想や期末配当は、11月5日に予定する4~9月期決算発表時に開示するとしている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム