/

この記事は会員限定です

なぜ高いJAL「バリューとグロース」相場のキホン(3)

[有料会員限定]

国際線の需要回復には2024年までかかる――。国際航空運送協会(IATA)が示した見通しが物語るように、航空業界は新型コロナウイルスの打撃が深刻だ。国内線は緊急事態宣言の解除を受けて回復傾向にあるものの、なお改善の見込みが立たない。日本航空(JAL)は6月15~30日の国内線の減便率を54%としている。今期業績の悪化は避けられず、一般社員の夏季一時金を半減する提案も余儀なくされている。

ところが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン