/

首相、最低賃金「年率3%程度上げで1000円に」

安倍晋三首相は24日夕に首相官邸で開いた経済財政諮問会議で、最低賃金について「年率3%程度を目途として名目GDPの成長率にも配慮しつつ、引き上げていくことが必要だ。全国加重平均が1000円になることを目指す」と表明した。2015年度の最低賃金は全国平均で798円だった。最低賃金の引き上げを実現するため、政府として中小企業の生産性向上の支援や取引条件の改善に向けて対応するよう指示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン