最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,553.98 +61.30
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,560 +100

[PR]

業績ニュース

キヤノンの今期、純利益21%減に下振れ デジカメ市場縮小が逆風

2019/4/24 16:02
保存
共有
印刷
その他

キヤノンは24日、今期(2019年12月期)の連結純利益(米国会計基準)が前期比21%減の2000億円になりそうだと発表した。従来予想の5%減の2400億円から400億円下振れする。中国景気の減速が逆風となる。

売上高は3%減の3兆8500億円を見込む。従来予想の1%減の3兆9000億円から下方修正した。デジカメの不振に加え、露光装置は顧客の設備投資の抑制の影響を受ける。

記者会見した田中稔三副社長は中国景気の減速による業績への影響について、「個人消費が非常に落ちており、個人向け高級カメラが売れていた反動が出ている」と話した。

同時に発表した19年1~3月期の連結決算は、売上高は前年同期比10%減の8644億円だった。営業利益は48%減の404億円、純利益は45%減の313億円だった。カメラや露光装置など利益率が高い製品の販売数量が減った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム