/

外相「日米関係より強固なものに」 日米貿易協定審議入り

日米貿易協定の承認案が24日午後、衆院本会議で審議入りした。茂木敏充外相は「日米間の物品貿易が促進され、両国間の経済的な結び付きがより強固になる」と述べた。そのうえで「日米の経済が一段と活性化し、さらに日米関係全般が一層緊密化することが期待される」と話した。政府・与党は2020年1月の発効を確実にするため、早期の承認を目指す。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン