2019年2月19日(火)

明治安田生命、英資産運用大手との提携発表 外債商品を共同開発

2015/9/24付
保存
共有
印刷
その他

明治安田生命保険は24日、英資産運用大手のリーガル・アンド・ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)と業務提携すると発表した。日本国債の低利回りが続くなか、相対的に高い利回りが見込める外国債券を組み込んだ運用商品を共同で開発。LGIMの運用ノウハウや商品開発力を生かし、団体年金や公募投資信託向けの商品を充実する。

明治安田生命保険と傘下の明治安田アセットマネジメント、LGIMの3社が業務提携契約を結んだ。運用商品の共同開発だけでなく、人材交流や運用関連情報の交換をはじめる。

LGIMは英保険大手リーガル・アンド・ゼネラルの傘下で、運用残高は6月末時点で5065億ポンド(約93兆円)。英国のアセット・マネジメント(資産運用)会社として2位の運用規模だ。日本の金融機関との業務提携ははじめてという。債券運用や、株価指数と連動するインデックスファンド運用に定評がある。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報