2019年2月17日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,032,659億円
  • 東証2部 74,389億円
  • ジャスダック 88,344億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.24倍13.62倍
株式益回り7.55%7.33%
配当利回り1.91% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,900.63 -239.08
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,900 -290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

2月15日(金)14:14

マイナンバーカードを保険証に 官房長官が指示[映像あり]

アマゾンがNY「第2本社」白紙に 地元の反対受け

2月15日(金)13:00

[PR]

国内株概況

株、悪材料山積も意外な底堅さ 米S&Pと比べ割安感

2019/1/24 12:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

24日午前の日経平均株価は86円(0.42%)安の2万0506円で引けた。3日続落となったが、米株価指数先物の上昇を機に一時上昇に転じるなど、なお不透明な米中交渉の行方や米政府機関の閉鎖継続などの悪材料が山積するなかで意外な底堅さも見せた。東証株価指数(TOPIX)を米S&P500種株価指数で割った「TS倍率」が6年ぶりの低水準まで下落し、日本株の割安さが改めて意識され相場を下支えしている。投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム