/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 逆行高のナイキ、加速する小売りのデジタル化

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=戸部実華】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比525ドル安の2万6763ドルと約1カ月半ぶりの安値で終えた。買い先行も、主力ハイテク株などの売りが広がって下げに転じ、午後に一段安となった。相場の地合いが悪い中で9%高と気を吐いたのはスポーツ用品のナイキ。ネット通販の好調で22日夕発表の2020年6~8月期決算が市場予想を上回り、新型コロナウイルス禍で苦しむ小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン