2017年11月22日(水)

年末アノマリーは生きるか 上昇に期待残すもしすぎは禁物

2015/12/24 13:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 24日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら上昇した。前日までの米株高が投資家心理の改善につながった。今年も残すところ5営業日。新たな手掛かりとなる材料が少なく、休暇を取る市場参加者も多い。一時は日経平均が1万9000円台を回復したことで年末株高への期待を残す。経験則は今年も通じるのか。

 閑散に売り無し、掉尾(とうび)の一振――。この時期に休暇を取らず市場に残る参加者がよく口にする相場格言…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報