/

黒田日銀総裁、インフレ期待「合理的な仮定では説明困難」 国際会議であいさつ

日銀の黒田東彦総裁は24日、日銀本店(東京・中央)で開いた金融政策に関する国際会議であいさつし、インフレ予想について「多くの未解明の研究課題が残されている」と述べた。そのうえで、インフレ期待は「完全情報・合理的期待を仮定する枠組みで説明が難しい」と語った。金融緩和によってインフレ期待を高める際に、デフレ環境が続いた過去の慣性が想定以上に緩和の効果を低下させている現実を示唆し、この点はコンセンサスが形成されているとの認識を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン