/

日電産会長、EV価格「5分の1になると思う」

日本電産(6594)の永守重信会長は24日午前、都内で開いた2019年4~9月期の決算説明会で電気自動車(EV)の価格について「(今後)5分の1くらいになると思う」と話した。それに対応するため、部品の集中生産でコストを下げる方針を徹底すると説明した。

永守会長はEVなどの駆動を担うトラクションモーターの工場の設立計画について、すでに始まっている中国・浙江省に加え、「来年に大連で立ち上げる。欧州ではポーランド工場を増築し、米国市場向けにメキシコ工場で対応する」と説明した。このペースだと「100万台程度は可能だが、受注の勢いでみると足らない」と語った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン