2018年5月21日(月)

5/21 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上げ相場に潜む伏兵 車などに環境規制のハードル[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 続伸、3カ月半ぶり2万3000円台 売買代金は低水準
  3. 3位: 2017年度の増収率1位は任天堂 増益率上位にソニーなど[有料会員限定]
  4. 4位: 武田の7兆円買収、日米の投資銀6社が集結[有料会員限定]
  5. 5位: 物言う株主、三井住友銀の親密企業に照準 潜在力を評価[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,002.37 +72.01
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
23,010 +80

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

ビットコイン、乱高下で増す取引難易度 個人の金回帰強まる

2018/1/24 9:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ビットコインなどインターネット上の仮想通貨に対する個人投資家の熱がやや冷めてきた。理由は1つ。昨年末からたびたび価格が乱高下し、取引の難易度が高まってきたからだ。個人は現物買いが中心で、しかもオプションや先物といったまとまった額のマネーが行き来するプロ向け商品を通じて価格下落リスクを回避(ヘッジ)できないことが多い。相場急落で仮想通貨に懲りた一部の投資家は、金や株式などの伝統的な資産に回帰してい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム