/

政府、中韓の鉄鋼部品への不当廉売関税を閣議決定

政府は23日、中国と韓国産の一部の鉄鋼部品に反ダンピング(不当廉売)関税を課すことを閣議決定した。対象は炭素鋼製突合せ溶接式継手で、期間は3月31日からの5年間で、41.8~69.2%の関税を課す。30日に政令を公布する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン