/

この記事は会員限定です

中国、26日から5中全会 市場はここに注目

「内需拡大を議論」「半導体や金融市場改革に期待」

[有料会員限定]

中国共産党は26~29日の日程で、重要会議である第19期中央委員会第5回全体会議(5中全会)を開く。次期5カ年計画(2021~25年)を実質的に決めるほか、35年までの長期目標もまとめる見通しだ。前回5年前の会議では、経済成長が鈍化するなかで安定成長を探る「新常態(ニューノーマル)」に入ったとの認識のもとで、16~20年は年6%台後半から7%程度の「中高速成長を保つ」と決めた。一人っ子政策を撤廃し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1735文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン