2019年8月24日(土)

トルコ中銀が緊急利上げ 政策金利の上限16.5%に 通貨安に対応

2018/5/24 2:32
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン=椎名遥香】トルコ中央銀行は23日、臨時で金融政策委員会を開き、複数ある政策金利のうち事実上の上限金利とする「後期流動性貸出金利」を3.0%引き上げ年16.5%にすることを決めたと発表した。通貨リラが大幅に下落したため、通貨防衛のために利上げが必要と判断したとみられる。

巨額の経常赤字に加え、政治の圧力で中銀の独立性が損なわれるリスクが意識され、リラへの売り圧力が強まっている。23日に一時1ドル=4.92リラ台まで下落し、過去最安値を更新していた。利上げ発表後は1ドル=4.65リラ程度と、前日と同水準まで戻した。

翌日物貸出金利は9.25%、1週間物レポ金利は8%で据え置いた。中銀は声明で「最近の物価上昇やインフレ期待の高まりが価格決定にリスクを及ぼしており、価格安定に向け強力な金融引き締めを実施すると決めた」と説明した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。