/

この記事は会員限定です

上海株前引け 小反発、金融や石油高い アジア300指数は反発

[有料会員限定]

【NQN香港=川上宗馬】23日午前の中国・上海株式相場は小幅に反発した。上海総合指数の午前の終値は前日に比べ4.3734ポイント(0.13%)高の3316.8739だった。時価総額の大きな金融や石油株に買いが入り、相場を支えた。ただ、週明け26日から開かれる中国共産党の重要会議である第19期中央委員会第5回全体会議(5中全会)を前に投資家の様子見姿勢は強く、指数は前日終値を挟んで小幅な値動きが続いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り441文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン