OLC、役員報酬の減額を決定 21年3月まで

2020/6/23 16:24
保存
共有
印刷
その他

オリエンタルランド(4661)は23日、役員報酬の減額を決めたと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2月29日から約4カ月間、OLCが運営する東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの両パークを休園したことなどによる業績への影響や、今後想定される厳しい経営環境を踏まえた。

減額対象は取締役、執行役員、監査役あわせて26人。代表取締役は役員報酬の30%、取締役と監査役は20%、執行役員は10%の減額となる。期間は6月から2021年3月まで。

同時に、約5400人が対象となる社員の一時帰休の継続や、管理職の夏季賞与の一部減額、準社員と出演者への特別休業手当を7月から9月も引き続き実施することも発表した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]