上海株大引け 反落し3.1%安、2700下回る 香港との重複銘柄に売り

2020/3/23 16:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=安部健太郎】23日の中国・上海株式相場は反落した。上海総合指数の終値は前週末に比べ85.4508ポイント(3.11%)安の2660.1674と、2019年2月11日以来およそ1年1カ月ぶりの安値だった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続くなか、20日の米国株式相場や23日の香港などアジアの株式相場の下落が上海市場にも波及した。香港市場との相互取引は、海外勢の売りで上海株は大幅な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]