/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、投資会社「拡大から縮小」の岐路に 4.5兆円資産売却

[有料会員限定]

23日の東京株式市場でソフトバンクグループ(SBG、9984)に買い注文が殺到した。自己株式取得と負債の削減に向けて最大4兆5000億円の資産を売却または資金化すると発表した。財務懸念が後退し株式需給が大幅に改善するとの見方が広がった。資産売却を買い材料と捉えて良いのか。スタートアップ企業に対する積極的な投資を成長につなげようとしていた同社にとって「攻め」から「守り」への方針転換とも受け取れる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン