/

この記事は会員限定です

「国債売ります」 日銀、3年ぶりのオペ 資金の偏在解消狙う

[有料会員限定]

長期金利の上昇を抑え込むため国債を買い続ける日銀が23日、「売りオペ(公開市場操作)」に動いた。一定期間後の買い戻し条件付きの売却で、このオペを実施するのは3年ぶりとなる。同日中に国債買い入れオペも打っており、一見すると分かりづらい動きだった。金融機関の決算期末にあたる3月末を前に資金の偏在を解消する狙いがある。

日銀は23日、買い戻し条件付きの国債売却オペである「売り現先オペ」を実施した。期日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン