/

日産自の仕入れ先総数8922社 車出荷再開には2週間程度

東京商工リサーチは23日、無資格の従業員に完成車検査をさせていた問題が発覚した日産自動車(7201)と同社グループと直接取引のある1次仕入れ先と間接取引のある2次仕入れ先の総数が8922社(重複除く)だったと発表した。1次、2次販売先は3321社(重複除く)だった。日産自は19日、9月に国土交通省から指摘を受けた後も無資格の従業員が検査に関わっていたことを明らかにし、国内に6つある完成車の全工場で国内向け車両の出荷を停止すると発表。全工場の出荷再開に2週間程度かかる見通しと説明している。

日産グループと直接取引している1次仕入れ先の業種は製造業が最多で、982社(構成比43.8%)だった。1次仕入れ先の本社地は東京都が663社(同29.6%)で最も多く、次いで追浜工場や日産車体(7222)の湘南工場がある神奈川県が534社(同23.8%)と続いている。

また、1次仕入れ先の2239社は1736社(同77.5%)、2次仕入れ先では7223社のうち4712社(同65.2%)が資本金1億円未満(個人企業を含む)の中小企業だったという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン