/

この記事は会員限定です

吉野家HD12年ぶり高値 貿易摩擦激化が生む「うまみ」

[有料会員限定]

「各国間の貿易摩擦が激化すればするほど、株価が上昇する象徴的な銘柄だ」(いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主席研究員)。牛丼チェーン大手の吉野家ホールディングス(9861)株に対し、市場でそんな見方が出ている。世界的な貿易摩擦などを受け、牛丼の主要食材である米国産牛肉の輸入価格が下落。個人投資家を中心に、将来的な業績貢献を期待した買いが続いていることが理由だ。

23日の吉野家HD株は5日続伸し、一時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン