/

この記事は会員限定です

ドル需要一服、各中銀が協調 逼迫「まもなく収束」の声も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行による金融・資本市場の動揺から過度に強まったドル需要がひとまず一服している。23日の東京外国為替市場では円安・ドル高にいったん歯止めがかかった。日銀など各中央銀行が協調してドルの供給に動いており、市場参加者に一定の安心感をもたらしている。過熱したドル買いは、週内にも落ち着くとの見方は増えている。

23日午後の円相場は1ドル=109円台後半まで上昇した。3連休前の19日17...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン