/

この記事は会員限定です

株、ジャクソンホール発の波乱警戒 OLC高値、止まらぬ安定株志向

[有料会員限定]

23日午前の日経平均株価は前日比44円高の2万0672円で取引を終えた。東京市場で円相場が円安・ドル高方向に振れたのが支援材料だが、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を日本時間23日夜に控え、商いは低水準にとどまった。米金融政策の方向性が株式相場の行方を決めるとの見方が根強いなかで「きょうのパウエル氏発言が金融資本市場に波乱をもたらしかねない」との警戒感もくすぶっている。

きょうはOLC株が前日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン