/

日本風力開発、MBOで非公開化へ 1株580円でTOB

日本風力開発(2766)は23日、MBO(経営陣が参加する買収)を実施し非公開化を目指すと発表した。塚脇正幸社長と米大手投資ファンドのベインキャピタルが共同出資する、JWDホールディングス(東京・千代田)がTOB(株式公開買い付け)を実施する。同社は業績悪化が目立っており、ベインキャピタルの下で財務体質の健全化を図る。

買い付け期間は24日から5月8日まで。普通株1株を20日終値(463円)を25%上回る580円で買い付け、全株の取得を目指す。日本風力発電はTOBへの賛同を表明し、株主には買い付けへの応募を推奨した。同社はMBOの実施に伴い、上場廃止となることを予定している。

東京証券取引所は同日、日本風力開発株を監理銘柄(確認中)に指定した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン