/

日経平均が下げに転じる 米中関係巡る警戒で先物売り

23日の東京株式市場で日経平均株価は下げに転じた。前日比の下げ幅は100円を超え、2万2300円台前半で推移している。米メディアが日本時間の同日午前、「ナバロ大統領補佐官が『中国との通商協議は終わった』と発言した」と報じた。米中関係の悪化を警戒した海外投資家による株価指数先物への売りが出た。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン