マイクロソフト決算、2桁の増収増益 時間外で株もみ合い

2019/10/24 5:19
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】米マイクロソフトが23日夕に発表した2019年7~9月期決算で、純利益が前年同期比21%増の106億7800万ドルだった。「アジュール」などクラウド関連が堅調で全体の伸びをけん引した。1株利益は1.38ドルと市場予想(1.25ドル程度)を上回った。決算を受けて時間外取引で同社株はもみ合っている。

売上高は14%増の330億5500万ドルとQUICK・ファクトセットがまとめた市場予想(322億ドル程度)以上に増えた。クラウドサービスのアジュールが59%増と好調だった。4~6月期(64%増)からやや減速した。クラウド上で統合業務管理サービスを提供する「ダイナミクス365」は41%増、「ワード」「エクセル」など業務ソフトサービスを提供する「オフィス365(企業向け)」が25%増、ビジネス向けのSNS(交流サイト)「リンクトイン」は25%増だった。

決算発表を受け、23日夕の米時間外取引でマイクロソフト株はもみ合っている。通常取引を前日比0.6%高の137.24ドルで終えた後、終値を挟んで小幅の値動きとなっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]