/

日電産の20年3月期、純利益23%減に下方修正 車載向けなど低調

日本電産は23日、2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比23%減の850億円にとどまりそうだと発表した。従来予想していた10%減の1000億円を150億円下回る。中国の車載向けや欧州などの産業機械向けの需要が低調で見通しを引き下げる。通期見通しの下方修正は今期2度目となる。

売上高の予想は5%増の1兆5500億円と、従来の12%増、1兆6500億円から下方修正した。営業利益は8%増の1400億円の予想。従来予想は15%増の1500億円だった。電気自動車(EV)の駆動に使う「トラクションモーター」の先行投資費用として15億円を追加計上したことも利益を圧迫する。

同時に発表した19年4~12月期の連結決算は、売上高が前年同期比3%増の1兆1596億円、営業利益が24%減の947億円、純利益が51%減の505億円だった。

併せて発行済み株式数(自己株式を除く)の1.36%にあたる400万株、金額では500億円を上限に自社株買いを実施すると発表した。取得期間は20年1月24日から21年1月22日までを予定する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン