/

ソフトバンクG、Tモバイル株売却を発表 1億9800万株

ソフトバンクグループは1億9831万4426株を子会社を通じてTモバイルに売却する

ソフトバンクグループ(SBG、9984)は23日、持ち分法適用関連会社である米通信大手TモバイルUS株を売却すると発表した。1億9831万4426株を子会社を通じてTモバイルに売却する。

Tモバイルは購入した株式を米国内での公募、現金強制転換証券を発行する信託を通じた私募、株主割当による株式募集、同社取締役のマルセロ・クラウレ氏への売却を通じて処分し、その手取り金はソフトバンクG子会社に引き渡されるという。

あわせて、TモバイルUSの筆頭株主であるドイツテレコムはソフトバンクGが子会社を通じて保有するTモバイル株式1億149万1623株を対象に株式購入オプションを受領する。

TモバイルUS株の売却数や価格が決定され次第発表するという。また、今後は持ち株比率次第ではTモバイルの取締役の指名権を失う可能性があるとしている。

SBGは16日、3月に発表した自社株買いと負債削減のための計4.5兆円の資産売却計画の一環として、TモバイルUS株の現金化について検討を開始したと発表していた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン