上海株大引け 3日ぶり反落、利益確定売り 鉄鋼や石油が安い

2019/10/23 16:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=安部健太郎】23日の中国・上海株式相場は3営業日ぶりに反落した。上海総合指数の終値は前日に比べ12.7611ポイント(0.43%)安の2941.6188だった。新規の材料に乏しい中、7~9月期決算発表が本格化するのを前に目先の利益を確定する売りがやや優勢となった。一方で中国人民銀行(中央銀行)が23日も公開市場操作で金融市場に多めの資金供給を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]