/

この記事は会員限定です

日銀の政策修正観測、世界の投資マネーに冷水

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

日銀による金融緩和策の修正観測が世界の投資マネーに冷水を浴びせた。米欧の中央銀行が金融引き締め方向に動くなかで、いまや日銀は世界でも数少ないマネー供給の基点だ。7月末の金融政策決定会合で実際に修正に動くかどうかは不明だが、日銀の次の一手への関心が急速に高まっている。

日経平均株価が一時300円以上下落した日本時間23日、シカゴ市場の時間外取引では米株価指数先物も売られている。

トランプ米政権が対中制裁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン