全国スーパー売上高、6月は0.5%減 衣料品など振るわず

2019/7/23 14:36
保存
共有
印刷
その他

日本チェーンストア協会が23日発表した6月の全国スーパー売上高は1兆26億円だった。既存店ベースでは前年同月比0.5%減となり、3カ月連続で前年実績を下回った。天候不順で衣料品も振るわなかった。

部門別では、夏物の販売が落ち込んだ衣料品が4.3%減だった。構成比率が6割超と高い食料品は0.2%減だった。水産品や総菜の販売は伸びた一方、畜産品や、インスタントラーメンやビールなどを含むその他食品が苦戦した。

同協会の井上淳専務理事は記者会見で、足元の消費動向について「消費者の節約志向が強いうえ、梅雨寒がさらに重荷となっている」と説明した。今秋に消費増税を控え「消費者の財布のひもが固くなっている」との見方も示した。

併せて発表した1~6月期(上半期)の全国スーパー売上高は6兆2114億円だった。既存店ベースで前年同期比1.3%減だった。農産品の相場下落や衣料品の苦戦が響いた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]