/

この記事は会員限定です

株、アドテスト頼みに限界 5000億円の売り手に疑心暗鬼

[有料会員限定]

23日午前の日経平均株価は反落し、前日比153円安の2万3877円で終えた。半導体に関する好材料が相次いだが、物色の矛先はアドバンテストなど一部の銘柄に限られ、買いに広がりはみられない。上値追いの雰囲気が乏しい背景には、2万4000円近辺で出現した5000億円超の「売り手」を巡る思惑があるようだ。

日経平均は一時252円安の2万3779円と、短期的な下値支持水準だった25日移動平均(22日時点、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン