日産自副社長「大変革の時代に直面」 東京モーターショー

2019/10/23 10:55
保存
共有
印刷
その他

日産自動車(7201)の中畔邦雄副社長は23日、東京モーターショーの報道機関向け公開日の発表会で、自動車業界について「大変革の時代に直面している」と述べた。日産自は20年以上前から電気自動車(EV)や高度に知能化された運転支援技術を開発してきたと説明したうえで「数々の革新的な技術を世界中の多くのお客様とともに築き上げてきた歴史こそがわれわれ日産の強み」だと強調した。

日産自はEVのコンセプト車を公開した。軽自動車向けの専用車台(プラットホーム)を使った「IMk」と、多目的スポーツ車(SUV)「ARIYA」の2車種。中畔副社長はコンセプト車について「非常に近い将来に日産が向かう方向を示している」と語った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]