/

この記事は会員限定です

株2万円割れ トランプ不況警戒、「12月下落率」59年ぶり大きさに

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

日経平均株価が25日、節目の2万円を割り込んだ。米中対立や米国の利上げによる景気減速への不安が日米の株式市場を覆っている。米連邦予算の一部失効やパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の解任観測など米国の財政・金融政策を巡る不透明感も警戒されている。投資家はトランプ政権の混乱を火元とした不況に身構え、政治経済的に結びつきが強い日本株に売り圧力を強めている。

日米の株式相場の下げが加速したのは、華為技術...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン