/

円が一段安、一時112円台半ば 8カ月ぶり円安水準

米景気回復期待と長短金利上昇で

感謝祭の祝日で市場参加者が少なく、少額の売買で値幅が大きくなりやすいことも大幅な円安につながった

【NQNニューヨーク=古江敦子】23日午前のニューヨーク外国為替市場で円がドルに対して一段安になっている。一時は1ドル=112円48銭近辺と、4月1日以来ほぼ8カ月ぶりの円安・ドル高水準をつけた。米経済指標の改善に加え、トランプ次期大統領の景気刺激策への思惑から米長短金利が上昇し日米の金利差が拡大するとの観測が円売り・ドル買いを誘った。感謝祭の祝日を控え市場参加者が少なく、少額の売買で値幅が大きくなりやすいことも大幅な円安につながった。

朝方発表の10月の米耐久財受注額が前月比4.8%増と、市場予想(同2.7%程度の増加)を大幅に上回った。米景気回復の勢いが増しているとの見方もドル買いにつながった。米長期金利の指標となる米10年物国債利回りが約1年4カ月ぶりの水準に上昇(債券価格は下落)するなど、米金利の上昇が続いていることも主要通貨に対するドル買いを誘っている。米東部時間午前10時現在、円は112円30~40銭で推移している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン