/

この記事は会員限定です

ECB量的緩和、市場関係者「株高・円安進む」

[有料会員限定]

欧州中央銀行(ECB)は22日の定例理事会で、国債を含む資産を月600億ユーロ(約8兆円)のペースで買い入れる「量的緩和」の導入を決めた。市場関係者にその影響と今後の見通しについて聞いた。

株、1万8000円超えに向かう

石黒英之・岡三証券日本株式戦略グループ長

23日の日経平均株価は、終始堅調な展開になるだろう。ECBの量的金融緩和に伴う資産購入額は毎月600億ユーロと、市場が予想していた毎月500億ユーロ程度を上回った。購入期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン