/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 底堅い企業決算が支え 重要日程控え上値追いには慎重

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=戸部実華】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比152ドル高の2万8363ドルで終えた。米国の追加経済対策の早期合意への期待が再び広がったうえ、企業決算を材料とした買いが入ったことも相場を支えた。もっとも企業業績の前提となる米経済の回復を見極めるうえで重要になる米選挙や新型コロナウイルス対応のワクチン開発などで不透明要素を抱える。投資家は上値追いは避けており、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン