/

この記事は会員限定です

豚肉がぜいたく品に? 卸値高騰、コロナで自炊増加

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症のまん延による外出自粛で、在宅で自炊をする人が増えている。そんな「巣ごもり消費」の拡大で値段が高騰しているのが豚肉だ。庶民の味方であるはずの豚肉がぜいたく品になりつつあるとすれば大変だ。

農畜産業振興機構(東京・港)の19日の発表によると、国産豚肉の5月の卸売価格は各部位とも上昇が目立った。もっともなじみがある冷凍豚バラ肉は1キログラム966円で、昨年末からは7%上昇した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン