/

この記事は会員限定です

株、「オクラホマの空席」は調整の伏線? ファンド8月始動説も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大第2波の警戒がくすぶるなか、22日午前の東京株式市場で日経平均株価は方向感の乏しい動きとなった。経済活動の正常化をアピールしたいトランプ米大統領が再開した選挙集会では大量の空席が発生したことも市場の関心を集めた。「落選リスク」が顕在化することを見越して、ヘッジファンドが相場の下落を見込んだポジションの形成に乗り出すとの見方も広がっている。

前引けは前週末比20円53銭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン