上海株大引け 反落、2900割れ 「科創板」開始で換金売り

2019/7/22 16:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=柘植康文】22日の中国・上海株式相場は反落した。上海総合指数の終値は前週末比37.2266ポイント(1.27%)安の2886.9740と、6月14日以来の安値を付けた。22日はハイテク新興企業向けの新市場「科創板」の取引が開始された。科創板に新規上場した25銘柄は公開価格から急伸したが、既存の上海市場の上場銘柄は換金売りに押された。

上海市場の売買代金は前週末から4割増の2042億元…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]