スパークス、帝繊維に株主提案 2年連続、新たに社外取選任も

2019/1/22 15:56
保存
共有
印刷
その他

スパークス・グループ(8739)は22日、連結子会社のスパークス・アセット・マネジメントが防災関連製品を手掛ける帝国繊維(3302)に対し配当の積み増しなどを求める株主提案をしたと発表した。スパークスが帝繊維に株主提案するのは2年連続で、同社が推薦する社外取締役の選任も新たに付け加えた。

帝繊維は2018年12月期に1株35円の年間配当を計画しているが、スパークスは95円に引き上げるよう求める。社外取締役に弁護士の名取勝也氏を選任することや、取締役の任期を現在の選任後2年以内から1年以内へ短縮することも要求する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]