上海株大引け 反発、米中交渉や資金流入に期待 ZTE急伸

2019/2/22 16:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=桶本典子】22日の中国・上海株式相場は反発した。上海総合指数の終値は前日比52.4250ポイント(1.90%)高の2804.2262と心理的な節目の2800台を回復し、2018年9月28日以来ほぼ5カ月ぶりの高値を付けた。米中貿易協議の進展や中国政府による景気刺激策への期待に加え、香港との証券相互取引で中国向け投資が大幅な買い越しとなったことなどで海外から投資資金が流入しているとの見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]