/

この記事は会員限定です

景気点検 1~3月実質輸出、前期比1.8%減 GDPに影

[有料会員限定]

日銀が22日に公表したデータによると、2019年1~3月期の実質輸出は前期比1.8%減だった。この数字は、国内総生産(GDP)における輸出の増減と連動性が高い。2四半期ぶりに減少した実質輸出は、大型連休明けの5月に発表となる1~3月期のGDPに影を落とす。

日銀は、財務省による貿易統計の名目額を輸出物価指数により実質にし、そのうえで季節調整をかけた数字を毎月公表している。現在は15年平均を100として...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り908文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン