/

この記事は会員限定です

NY原油急伸、一時6カ月ぶり高値 市場関係者の見方

[有料会員限定]

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物相場が、日本時間22日の時間外取引で急伸した。指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油は期近の5月物が一時1バレル65.87ドルまで上昇し、昨年10月末以来ほぼ6カ月ぶりの高値を付けた。「米トランプ政権がイラン産原油の輸入を各国に認める特例措置を5月2日で打ち切る方針」だとする一部報道がきっかけだ。原油相場の先行き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り771文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン