/

この記事は会員限定です

ネットフリックス決算、海外成長で投資家に安堵感

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=戸部実華】米動画配信大手ネットフリックスが21日夕(日本時間22日朝)に発表した2019年10~12月期決算は投資家をひとまず安堵させたようだ。昨年11月のアップルとウォルト・ディズニーの参入による競争激化が懸念されていたが、世界の有料契約者数は市場予想を大幅に上回って増えた。成長余地が大きい海外に重点を置く戦略が功を奏した。もっとも、競争相手は今後さらに増える見通しで、楽観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン