/

マネーフォワード辻社長「社会的課題はフィンテックで解決できる」

マネーフォワードの辻庸介社長兼最高経営責任者(CEO)は22日、金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックについて「日本が抱える課題は大きいが、テクノロジーによって解決していくことができる」と述べ、フィンテックの持つ可能性を広げていきたいとの考えを示した。金融庁と日本経済新聞社などが都内で開催している「Fin/Sum(フィンサム)ウイーク2017」で講演した。

辻氏は日本の社会的課題について低成長や労働生産性の低さ、人手不足などを挙げたうえで「ユーザー目線のサービスを提供したり、立場の異なる様々な人や企業がタッグを組んだりすることなどによってフィンテックが深化すれば、課題の解決につながっていく」との認識を示した。本人確認関連など法改正の必要性も指摘した。

マネーフォワードは29日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場する予定。辻氏は「日本のフィンテックは世界に誇れるエコシステムであり環境は整ってきた」としたうえで「我々のようなベンチャーは成果を出すことに集中する。社会の公器としてリアルな課題を解決する挑戦を進めていく」と語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン