TATERU、22年12月期の営業益10億円以上に 中計を発表

2019/11/22 15:48
保存
共有
印刷
その他

TATERU(1435)は22日、2022年12月期を最終年度とする中期経営計画を発表した。22年12月期の連結営業利益は10億円以上を目指す。収益性を重視した事業ポートフォリオの明確化として、事業領域を3つに区分する。

PMプラットフォーム事業は管理料収入によって安定的に収益を拡大させる。スマートホテル事業は運営施設の拡大を目指し、アパート販売事業は国内外の富裕層に向けた販売を強化する。

TATERUは今期(19年12月期)について、連結営業損益は79億円の赤字(前期は7億2100万円の黒字)を見込んでいる。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]